LR
Live and Review

アート・マガジン <エル・アール> back numbers
cf 最新号

美術界における意見交換の場、議論のできる場の提供をめざしている「LR」には、ますます興味深く刺激的な原稿が集まってきている。真摯な意見を読みたい方は、是非一度 「LR(エル・アール=Live&Review)」をご一読下さい。

LR14 号 目次

『天来顕彰展有一作品撤回事件』の真相 海上雅臣=文
反古・旧聞ノート5 普遍と二重構造と多文化主義 ―アジアの現代美術と日本 田中三蔵=文
第二回美術史学会東支部シンポジウム 国立博物館、美術館などの独立行政法人化問題 徹底討議 後編 一九九八年十二月五日・学習院大学
司会/木下直之(東京大学)・馬渕明子(日本女子大学) 報告者/大橋敏博(文化庁総務課)・高階秀爾(国立西洋美術館館長)・宮崎克 己(ブリヂストン美術館)・本江邦夫(多摩美術大学、元東京国立近代美術 館)、山本勉(東京国立博物館)・雪山行二(愛知県美術館、元国立西洋美術 館)、渡辺明義(東京国立文化財研究所)
対談東京ノイズ 一九九九年一月九日・ギャラリーQ 近藤等則(トランペット奏者)X金村修(写真家)
病のネットワーク6 LuReな時代6 スタンダードが無いという病 清水誠一=文
戦争画資料拾遺1・補記 笹木繁男=文
『〈かたち〉の領分』展シンポジウム 後編 器物が芸術になるとき 一九九八年十月三日 東京国立近代美術館工芸館
パネリスト/北澤憲昭(美術評論家・跡見学園女子大学教授)・小池頌子(出品 作家)小清水漸(出品作家)・重松あゆみ(出品作家)・沈文燮(出品作家)司会/樋田豊次郎(東京国立近代美術館主任研究官)
講演アートマーケットを考える(第二部) 一九九八年十二月二日(水) 大阪府立現代美術セター 加藤義夫=文
LR artists enquete
前田雅巳/ギャラリー山口推薦 小河朋司/ギャラリーなつか推薦 鈴木省三/コバヤシ画廊推薦 内田かんぬ/藍画廊推薦 中村明子/アートフォーラム谷中推薦 奥田博土/ギャラリーすずき推薦
東京芸術大学の学生による展覧会観観察 MD
栃木県立美術館「身体のロゴス」展
Editor's Notes LRの波打ち際 山本育夫=文

LR13 号 目次

菅原教夫氏の 「インド現代美術展」批判にこたえて  建畠 晢=文
徘徊巷記から 1 ――時間と直接性  千葉成夫=文
抗議と蛇足――三田晴夫氏へ  上田高弘=文
小さな物語たちの現代アート  小倉正史=文
美術史学会東支部シンポジウム第二回  国立博物館、美術館などの独立行政法人化問題  徹底討議 一九九八年十二月五日・学習院大学
司会/木下直之(東京大学)・馬渕明子(日本女子大学)
報告者/大橋敏博(文化庁総務課)・高階秀爾(国立西洋美術館館長)・ 宮崎克巳(ブリヂストン美術館)・本江邦夫(多摩美術大学、元東京国立近代美術館)・ 山本勉(東京国立博物館)・雪山行二(愛知県美術館、元国立西洋美術館)・ 渡辺明義(東京国立文化財研究所)
『〈かたち〉の領分』展シンポジウム 前半  器物が芸術になるとき 開催日/一九九八年十月三日
パネリスト/北澤憲昭(美術評論家・跡見学園女子大学教授)・小池頌子(出品 作家) 小清水漸(出品作家)・重松あゆみ(出品作家)・沈文●(出品作家)
司会/樋田豊次郎(東京国立近代美術館主任研究官)
戦争画資料拾遺 2 笹木繁男=文
アートマーケットを考える 加藤義夫=文
LR artists enquete
丹羽誠次郎/ウエストベスギャラリーコヅカ  宇津木彩/秋山画廊  若宮綾子/藍画廊  渡辺聡/オン・ギャラリー  櫻井美智子/ベイスギャラリー  中林ヒサカズ/オン・ギャラリー  橋場信夫/不忍画廊
東京芸術大学生による展覧会観客観察 MD  世田谷美術館
Editor's Notes LRの波打ち際 山本育夫=文目次

LR12 号 目次

状況考9
観念性と肉体性をめぐって  ジェンダー論争の極私的総括  三田晴夫=文
画廊からの発言/シンパシーこそキイワード  山口みつ子=文
「インド現代美術展」について  菅原教夫=文
アート/生態系―美術表現の「自然」と「制作」 展覧会関連シンポジウム
司会/建畠晢(美術評論家) パネリスト/伊藤公象・戸谷成雄・袴田京太朗・丸山直文(出品作家) 主催者代表/宇都宮美術館館長 谷 新
Yさんへの手紙 8   堀 浩哉=文
本当に大切なのは 「アート」と名付けられる ことではない  大西若人=文
反復する「美術(びじゅつ/Bijutsu)の夢」  白川昌生=文
トマトアイスクリーム試食会・後編  ジェイムス仙吉VS彦坂尚嘉
LR artists enquete
佐藤時啓/ギャラリーGAN推薦  柳澤暁子/ギャラリー人推薦  小磯裕司/ギャラリィK推薦  横山飛鳥/ギャラリー山口推薦  岡村太郎/原宿ギャラリー推薦  金村修/ギャラリーQ推薦  母袋俊也/ギャラリーなつか推薦  丸山常生/トキ・アートスペース推薦  トーマス・シャノン/ヒルサイドギャラリー推薦  竹本博文/シティギャラリー推薦  釈永道代/CAS推薦
東京芸術大学生による展覧会観客観察 MD  東京都現代美術館

LR11

「ヨーロッパからの八人」展出品作、 ジグマール・ポルケ《ホワイト・ルーム》 をめぐって  群馬県立近代美術館 学芸課 諦念の明るさ ―中ザワヒデキ論ノート  千葉成夫=文
病のネットワーク5
LuReの時代5
芸術家における悪意と敵意について 清水誠一=文
「二十一世紀はもうすぐ―戦後からグローバリズムへ―」 日向あき子×森下泰輔
戦争画資料拾遺 1 笹木繁男=文
Yさんへの手紙 7 堀 浩哉=文
現代美術の「寅さん」でいこうかな 開発好明インタビュー 一九九八年九月十二日 聞き手/岡村恵子
「テクノテラピー・こころとからだの美術浴」って、なに? 橋本敏子=文
もう、現代美術がむずかしい、 なんて言わせない。 LR誌上アート・レクチャー2 美術の多様化をめぐって 鷹見明彦=文
つづれ織り5 「ものえ派のはなし」の話 2 山本育夫=文
LR artists enquete
 広田美穂/フタバ画廊推薦  天利道子/田中画廊推薦  扇千花/エキジビション・スペース推薦  高橋功/かねこ・あーとギャラリー推薦  山本麻矢/ギャラリーすずき推薦  島田清徳/ギャラリーギャラリー推薦  松田博之/キュービック・ギャラリー推薦  中西學/ギャラリーKURANUKI推薦
東京芸術大学生による展覧会観客観察 MD 川村記念美術館「なぜ、これがアートなの?」

LR10

美術とジェンダー3 三田晴夫氏の「反映論と党派性」 という断定に対する反論  小勝禮子=文
「なげるかげ」における〈光の間〉から〈白い間〉への転写、または、西欧との 対抗、そして同等化へ  片瀬和夫=文
絵画は今 それぞれのアプローチ  座談会/根岸芳郎・中村功・早見堯
批評の身体―展覧会に批評を出陳したこと  千葉成夫=文
アートは人・まちを変えるか  南芦屋浜アート・フェスティバル関連行事  シンポジウム「コミュニティとアートを巡って」 
《ニュートラリティ》と【再制作】の風土」  トマトアイスクリーム試食会・中編  ジェイムス仙吉VS彦坂尚嘉
『李禹煥全版画展 一九七〇―一九九八』 ギャラリー・トーク 李禹煥    司会/大野正勝(札幌芸術の森美術館学芸員)
LR artists enquete
渡辺好明/巷房推薦  浜田真理/島田画廊推薦  利根川友里/ギャラリー人推薦  野村俊幸/トキ・アートスペース推薦  齋藤ちさと/ギャラリー工房「親」推薦  レベッカ・ブルゴニ/ギャルリー・ドゥ推薦  矢柳 剛/ギャラリーアートアルファ推薦  筆塚稔尚/ギャラリー219推薦  キム ナヨン /command N 推薦  海老塚耕一/養清堂画廊推薦

LR9

若桑+小勝批判に応える、三田晴夫ジェンダー論争。
高見明彦誌上アート・レクチャー。今、現代美術はここにいる?
追悼、高松次郎。夫人に独占インタビュー、アトリエに残されたデッサン。
「ものえ」とは何?山本育夫の極私的日本現代美術論。

LR8
特集「トマトアイスクリーム試食会」前編 ジェームズ仙吉さんと彦坂尚嘉さんによる「白熱の三時間ダイアローグ」バトル Yさんへの手紙 堀 浩哉=文
「ストリート宣言」のためのノート AIR展から 千葉成夫=文
ジェンダー美術展の意義 三田晴夫「美術と正義をめぐって」に対する反論 若桑みどり=文
抑圧の論理をめぐって 「三田氏に対する再反論」 ---再びジェンダーと美術について 小勝禮子=文
[ホワイト・ルーム]と[光の間] 光田由里子=文
美術品観察隊が行く2 大橋正芳=文
藤井達吉のしごとについて3 工芸史の特異点 北澤憲昭一=文
もう僕は自分の事を 日本画家とは呼ばない 岡村桂三郎=文
状況考7 ある著作権訴訟をめぐって 三田晴夫=文
LR Artists Interview
Editor's Notes LRの波打ち際

LR 号 (5月1日発売 ・隔月誌 A5版4P2色、112Pモノクロ/計116P)
栃木県立美術館・小勝禮子さんの「三田ジェンダー批判」 に対し、毎日新聞、三田晴夫さんが応える。
あの、日本画家・千住博さんの書き下ろしエッセイ「日本画に現在はあるか」。 美術家・椿昇さんと、評論家・野々村文宏さんが、「日本・現代・美術」についてどうしても言いたかったこと。
「国立博物館、美術館が民営化 !?」  いま、国会で審議中の行革問題に 緊急アンケート ほか、
好評のアティスト・インタビューなど、やさしくて深い話題満載。

「LR」は、基本的には年間定期購読の形でお送りしていますが、 徐々に置いて下さる画廊、書店、ミュージアムショップも増えています。 お取り扱いいただける場所も、ご紹介下さい。
●申込方法 (年間定期購読料6冊分+税+郵送料=5000円)
LR編集部 fax 0552-77-9278 あてに、氏名/郵便番号/住所/電話・ファックス番号/ Eメールアドレスなどご記入の上、申し込み下さい。尚、バックナンバーもお送りできます。
●発行元/書肆・博物誌 〒400-0125 山梨県中巨摩郡敷島町長塚237-909 ● 編集長/山本育夫
●TEL/0552-77-9216/FAX0552-77-9278
yamaiku@mxb.meshnet.or.jp http://www2a.meshnet.or.jp/~yamaiku/


Pin-up Board Shino's Bar店内案内へ